【手軽に二重をゲット】整形施術の特徴を確認しておこう

二重の術式について知ろう

目元に触れる人

二重になるための施術とその特徴とは

二重整形には埋没法と切開法があり、それぞれ施術方法や費用、術後のダウンタイムなどが異なり、適している二重の形も違ってきます。二重の形には目頭がくっついている奥二重や目頭がくっついていない平行型、幅の狭いものと広いものなどがあります。埋没法と切開法の最も大きな違いはメスを使うか使わないかです。埋没法はメスを使わず極細の医療用縫合糸を埋め込みまぶたを2?3箇所留め、ラインを作ります。埋没法にはいくつかの術式があり、やり方の違いで持続性が格段に上がったり腫れることがほとんどないというメリットが得られます。その分費用が高くなることが多いですがそれでも20万円ほどで、スタンダードな埋没法では5万?10万円程度です。スタンダードな埋没法でも取れにくく長持ちしますので、高額な施術でなければ良い仕上がりにならないということは決してありません。埋没法はほとんど傷跡が残らず、針の跡があるかどうかという程度なので全く気にする必要はないとされています。施術時間は約15分という短さで、通院や抜糸もありません。ダウンタイムは術式や個人差によるところが大きいですが、3?7日くらいが多いです。洗顔は24時間後には可能ですし、シャワーも当日から出来ます。メイクとコンタクトレンズは48時間後に可能です。切開法はまぶたを切ってラインを作る方法です。切開した時に眼輪筋や瞼板、眼窩隔膜などを丁寧に処理しますので、非常に強固なラインを作ります。まぶたの脂肪を取り除くことも出来ますので、腫れぼったいまぶたをスッキリさせることも可能です。費用は20万円程度が相場で、たるみを一緒に取ると30万円弱になることもあります。切開法の傷跡はラインそのものなので、特に気にする必要はないと言えます。施術時間は約1時間ほどで、術後は数回通院が必要となります。抜糸も1週間ほどで行います。ダウンタイムも早い人で1週間ほどで、様子を見ていく形となります。切開法の場合は、シャワーは当日から可能で洗顔は48時間後から出来ます。メイクとコンタクトレンズは1週間は我慢する必要があります。埋没法はまぶたを切らず気軽に行えるプチ整形なのでとても人気があります。切開法はメスを使うのでやや本格的な施術になりますが、二重のラインは半永久的で取れることがありませんので、長い目で見た場合にどちらの施術が良いのか熟慮して決めることをおすすめします。埋没法と切開法で迷った場合は、信頼出来る美容外科でしっかりとカウンセリングを受けてから決定しましょう。

二重整形は人気がある

看護師

二重は目が大きく見え、愛らしい目元なので憧れる人が多いです。施術を受けることで二重になることが可能です。比較的人気があるのは埋没法ですが、切開法も同様によく選ばれていますので、自分に合う施術を選ぶことが大切です。

Read More

二重に変身したいなら

鏡を見る人

一重で悩みを抱えている場合、簡単に二重にしたいのであれば美容整形を受けると良いでしょう。美容整形を受けることによって理想の二重が手に入り、自分に自信を持つことができます。

Read More

二重整形を考えたら

医師

二重整形は種類が豊富です。全切開法や目頭や目尻だけを切開できます。糸を使って固定するだけの埋没法、眼瞼下垂の手術などがあるので、美容整形外科で相談することをお勧めします。

Read More

二重整形を成功させるには

カウンセリング

二重整形で美容外科を選ぶ場合の基準は、カウンセリング内容や費用、経験者の口コミ、明瞭会計かどうかがポイントとなります。アフターケアについても事前に調べておくと安心です。

Read More

Back to Top