【パッチリ二重で魅力上昇】整形施術の特徴を確認しておこう

二重整形は人気がある

看護師

人気のある二重整形の施術とは

二重まぶたは目が大きく見え、ぱっちりとしていると化粧映えします。一重のクールな目元も良いですが、二重の愛らしい目は多くの人の憧れです。生まれつきに一重の人や自分の望む二重ではない人、左右の目で差がある人など、コンプレックスを抱える場合でも二重整形で思い通りの目元になることが可能です。施術には埋没法と切開法があります。埋没法も切開法もそれぞれにメリットがありどちらも人気がありますが、比較的よく行われるのが「埋没法」です。なぜなら、メスを使わず費用も高くはないので気軽に行えるためです。若い世代でも施術を受ける人が多いプチ整形として人気があります。埋没法はとても細い医療用の縫合糸を用い、まぶたに埋め込んで二重のラインを作る施術方法です。自然な二重を作ることが出来、取れにくく持続性があるのが特徴です。傷跡も針の跡がつく程度でほとんど残りません。術後にあまり腫れることもなく、ダウンタイムもほとんどないため周囲にバレにくいです。費用の相場は術式にもよりますが約5万?10万円と言われています。両目1点または両目2点といった糸の留め方や糸のグレードを上げた場合、留める箇所が多いまたは広い場合で費用が変わります。安い埋没法では1万円以下?3万円もあり、費用の安さもまた埋没法が選ばれる理由の一つとなっています。たるみのある人やとにかく二重を持続させたい人は20万円程度かかることもあります。通院の必要もなく抜糸もありませんので、後日に改めて時間を取る必要もありません。お試しで二重にしてみたい人やアイテープ感覚でプチ整形をしたい人にも人気があります。切開法は埋没法よりも一歩踏み込んだ整形です。メスを使うので傷跡やダウンタイムの面で躊躇する人もいますが、切開法もよく行われている施術です。糸を埋め込むのではなくまぶたを切ってラインを作るのでとても強固です。費用は特別高いわけではなく一般的に20万円程度です。たるみを同時に取る場合は30万円ほどかかる場合もあります。切開法は埋没法と違ってメスを使いますし、術後に腫れる日数が長く、通院や抜糸の必要があります。それにもかかわらず人気があるのは、切開法で作ったラインは半永久的に消えないからです。半永久的に自分の二重のラインとなりますので、取れる不安を感じることがなくなります。今後の事を考慮して切開法を選ぶ人もたくさんいます。気軽に受けることが出来る埋没法も半永久的なラインとなる切開法もどちらも人気がありますので、医師と相談して自分に合う施術を選びましょう。

Back to Top